法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画「アメイジング・グレイス」

H・O
                              

 18世紀、イギリスでは奴隷貿易がさかんでしたが、若くして政治家になったウィルバーフォースは奴隷が酷使される状況に心を痛め、議会で奴隷貿易廃止を唱えました。また、国中で演説し、支持を広げました。しかし、奴隷貿易によって収益を得ていた人々の抵抗で、ウィルバーフォースの主張はなかなか通りませんでした。当時フランスと緊張関係にあったことも奴隷貿易維持派を利することになりました。しかし、やがて・・・。
 ウィルバーフォースの奴隷貿易廃止のたたかいの軌跡が描かれた映画です。
 名曲「アメイジング・グレイス」は奴隷貿易船の元船長が悔恨の思いを込めて作詞したとのことです。
 奴隷制度が廃止され、すべての人々に人権が認められるまでには幾多のたたかいがありましたが、ウィルバーフォースのたたかいはその嚆矢だと言えます。人権が憲法によって確固なものとなっていく過程は感動的です。

【映画情報】
製作年:2006年
製作国:イギリス
上映時間:118分
監督:マイケル・アプテッド
出演:ヨアン・グリフィズ、ロモーラ・ガライ、ほか

 *この映画のDVDの販売も始まっています。

【法学館憲法研究所事務局から】
 法学館憲法研究所双書『世界の中の憲法』(浦部法穂著)には、人権というものが世界の歴史の中でどのように確立してきたのかも解明し、わかりやすく説明しています。ご案内します。

 

 
                              

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]