法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画「怒りの葡萄」

H・O
                              

 農業を営むも収穫があがらず、土地会社によって土地と家を追われた一家が荷物をトラックに積み、西海岸へ向かう。そこにはいい仕事があるというのだ。しかし、西海岸にも決していい仕事があるわけではない。多くの人々が低い賃金と劣悪な労働条件での仕事を余儀なくされる。働く人々による反乱が始まるが鎮圧される。それでも働く人々が生き抜こうと懸命の努力をする。
 1930年代のアメリカでの上記のような社会状況を描く映画です。資本主義体制は富の集中につながり、多くの人々の命と生活を危うくする、そんなメッセージが発せられているように感じる作品です。

【映画情報】
製作年:1940年
上映時間:129分
監督: ジョン・フォード
出演:ヘンリー・フォンダ、ジェーン・ダーウェル、ジョン・キャラダイン、ほか

<法学館憲法研究所事務局より>
 資本主義社会のこんにちの憲法は「富の再分配」の必要性を謳い、税もその考え方に基づくものとなってきました。いま国会で最重要課題になっている消費税増税はその考え方に逆行するものだと指摘されます。当研究所はこのことについて憲法原則にもとづいて検証する公開研究会「消費税と憲法 −応能負担原則を問い返す」(3/23)を開催します。

 
                              

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]