法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画「燃ゆるとき THE EXCELLENT COMPANY」


                              

 アメリカでカップラーメン製造会社を再生させるビジネスマンの物語です。
 主人公のビジネスマンは、美味しいラーメンを作るための材料を仕入れるため精魂込めて取引を成立させ、会社を再生させます。しかし、部下にはめられ窮地に。でも、その誠実さを社長から評価され、次の会社の危機を回避するため再び渡米し・・・。そんな展開です。
 こんにちのビジネスをめぐる問題状況を考えさせてくれる映画です。他社との競争に勝つためにはより消費者のニーズをとらえた商品を製造しなければなりませんが、同時に会社の諸経費の節減にもつとめ、状況によってはリストラを敢行することにもなります。会社が大きくなっていくと周りからの陰謀に見舞われることもあります。この映画でも、アメリカ社会の貧困層の不満を利用した投資銀行の策謀がありました。
 この映画の主人公は部下にはめられたのですが、部下の行為は投資銀行に唆(そそのか)されてのことでした。"アメリカは自由な国だと言われるが、実際には貧富の格差が固定化されていて、頑張っても報われない、決して自由ではない社会だ"というようなことを部下が叫ぶシーンには迫力がありました。
 経済のグローバル化の中で、企業の生き残りのために労働者の雇用・生活の悪化が急速に進んでいます。この映画を観たうえで、こうした状況を変えていくことを語り広げていきたいと思いました。

製作年:2005年。
上映時間:114分。
監督:細野辰興
出演:中井貴一、大塚寧々、長谷川初範

* こんにち企業の生き残り競争はますます激化し、働く者の雇用と生活の厳しさはより深刻化しているのではないでしょうか。一人ひとりの生活の改善のために憲法はどのような役割を果たしているのか、どう活用するのか、など、近く開講する連続講座「生活と憲法」(5/19(土)から東京にて。全5回)で学び語り合いたいものです。

 
                              

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]