法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画「ゾラの生涯」

H・O
                              

 社会的な理不尽を告発する作家であるエミール・ゾラ。その作品はなかなか売れず、きびしい生活が続きますが、やがて人気作家になり、ぜいたくで自堕落な暮らしを始めるようになりました。そんな中で、フランス軍部の腐敗を隠蔽するために軍人ドレフェスが濡れ衣を着せられる事件が発生しました。ゾラはこの事件を・・・。
 19世紀の話です。18世紀後半、市民革命によって封建制が倒れ、フランスに自由主義社会が生まれました。しかし、なかなか政治は安定しませんでした。産業革命によって貧富の格差が広がる中で、社会主義思想も生まれはじめます。そして、その時代は国家の正当性を確立していくためにも軍の役割が高まることになっていきました。ドレフェス事件にもそのような背景があったのではないでしょうか。
 ゾラという男、ドレフェスという男の人生が興味深く描かれた映画ですが、近代市民革命による近代憲法制定期の社会の様相に思い巡らすことにもなりました。

【映画情報】
製作年:1937年。
製作国:アメリカ。
監督:ウィリアム・ディターレ
出演:ポール・ムニ、ジョゼフ・シルドクラウト、ゲイル・ソンダーガード、ほか



 
                              

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]