法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画「ニッポンの嘘 − 報道写真家 福島菊次郎90歳」

H・O
                              

 戦後日本は人権と平和を大切にする憲法を制定しました。しかし、原爆投下後も生き残った被爆者への補償はなかなか進まず、国民の中にある差別意識にも苦しみ、女性が結婚や出産を断念せざるを得ない状況が続きました。その様子を撮った報道写真家・福島菊次郎は、その後も大手メディアが報じない、こうした日本社会の理不尽を「ニッポンの嘘」として撮り続け、世に問うてきました。この福島菊次郎の取材と姿を描いたドキュメンタリーです。そこには三里塚闘争や公害問題などの取材の様子がありますが、日本の軍需産業の取材は迫力満点です。それは、なんとしても軍需産業の現場の実態を暴こうという福島菊次郎の執念の賜物です。90歳になる福島菊次郎はいま、東日本大震災の現場の様子も撮り始めています。ここにも「ニッポンの嘘」があると嗅ぎつけたのでしょう。
 「ニッポンの嘘」を暴くためには日本政府の世話にはならないと、年金も受け取らずに生活する福島菊次郎という人間は、多くの観る者に衝撃を与えるように思います。

【映画情報】
製作年:2012年
上映時間:1時間54分
監督:長谷川三郎
2012年8月公開。今後全国各地で上映予定。
公式サイトはこちら

<法学館憲法研究所事務局から>
 9月15日(土)、「平和と憲法 − "武力なき平和"のリアリティ」と題して水島朝穂氏(早稲田大教授)が講演し、当研究所の浦部法穂顧問(=神戸大学名誉教授)と対談します。こちら。水島教授は日本の防衛政策と自衛隊の現場のウオッチを続け、そのリアルな状況を発信しながら、日本国憲法の平和主義の意義・展望を語ってきました。今回も防衛政策における「ニッポンの嘘」を暴いてくれること間違い ありません。多くの方々にご参加いただきたく、ご案内します。



 
                              

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]