法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

被爆者の声をうけつぐ映画祭2012(9/15-16、於・明治大学)


                              

 標記映画祭が開催されます。以前当ページでご紹介した作品も上映されますので、ご案内します。
 (法学館憲法研究所事務局)

■日時:2012年9月14日(金)、15日(土)、16日(日)
■上映スケジュール:
   9月14日(金)
    「原爆の子」
   9月15日(土)
    「もし、この地球を愛するなら」
    「無限の瞳」 
    「ヒロシマの証人」
    「幻の全原爆フィルム日本人の手へ! 悲劇の瞬間と37年目の対面」
    「あしたが消える −どうして原発?− 」 *当ページでの紹介はこちら
   9月16日(日)
    「内部被ばくを生き抜く」
    「その夜を忘れない」
    「あの日この校舎で −五十年前に被爆したナガサキの記憶」
    「二重被爆 −語り部・山口彊の遺言」
    「HELLFIRE:劫火 −ヒロシマの旅― 」

■会場:明治大学リバティタワ− 1階リバティホール
■鑑賞券:
大人1000円/学生・子ども800円(前売、当日ともに、1プログラムごとの入替制)
全プログラム フリーパス券 5000円
(フリーパス券は大人、学生・子どもの区別はありません)
■主催:明治大学軍縮平和研究所/被爆者の声をうけつぐ映画祭実行委員会
■後援:日本原水爆被害者団体協議会/被爆者の声をうけつぐプロジェクト50/ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会
■連絡先:Eメール eigasai@gmail.com
■問い合わせ:
  共同映画(株) 03-5466-2311(FAX03-5466-2312)
  ウイング・コア 03-3232-7867(FAX03-3205-8958)

*詳しくはこちら

<法学館憲法研究所事務局から>
 9月15日(土)、「平和と憲法 − "武力なき平和"のリアリティ」と題して水島朝穂氏(早稲田大教授)が講演し、当研究所の浦部法穂顧問(=神戸大学名誉教授)と対談します。こちら。日本は広島・長崎に原爆を投下され、敗戦となりました。この戦争を反省し、平和主義を謳う日本国憲法が制定されることになりました。日本国憲法の平和主義の真髄を学び考える機会になります。この映画祭のスケジュールと一部重なりますが、多くの方々にご参加いただきたく、ご案内します。関連情報
 水島教授のホームページはこちら



 
                              

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]