法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画「真幸(まさき)くあらば」

H・O
                              

 ある青年が他人の家に侵入し、現金を盗もうとしたら、その住民に見つかってしまった。青年は住人を刺し殺し、もう一人も殺してしまった。そして裁判で死刑判決を受けた。死刑囚になった青年に、ある若い女性が差し入れなど身の回りの世話をするようになった。やがて二人はお互いを愛し合うようになっていった。実はその女性は青年に殺された男性の婚約者だった。
 そんな話の映画です。ちょっと現実離れした設定の話ですが、筆者としてはこの作品が死刑制度の是非を議論し合う素材にもなって欲しいと感じました。
 複数の人間を殺害した者は通常死刑になるようです。私たちは各種報道などを通してそのような殺人者は極悪非道だと思いがちです。もちろん人を殺すことは許されることではありません。しかし、そのような人に科す刑罰は死刑以外にありえないのでしょうか。この映画に出てくる死刑囚が自らの罪を反省する姿を見て、多くの先進国と同じように、日本も死刑制度を見直すべきではないか、と感じました。
 なお、この作品はR-15指定の映画です。

【映画情報】
製作年:2009年
上映時間:91分
監督:御徒町凧
出演:尾野真千子、久保田将至、ほか
* この映画はすでにDVDとして販売・レンタルされています。

<法学館憲法研究所事務局から>
 法学館憲法研究所は10月8日(月・祝)に「裁判と憲法 −裁判員制度・死刑制度を考える」を開催します。村井敏邦教授が講演し、その後浦部法穂・法学館憲法研究所顧問(=神戸大学名誉教授)と対談します。詳細はこちらからご確認ください。
 裁判に市民が参加するようになり、こんにち市民である裁判員が死刑という判断をする場面もあります。死刑制度と裁判について考える意義深い機会になりますので、多くの方々のご参加をお待ちしています。



 
                              

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]