法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画「約束 名張毒ぶどう酒事件死刑囚の生涯」

H・O
                              


 1961年、三重県名張市で地域の懇親会でぶどう酒を飲んだ女性5人が死亡する事件が発生しました。奥西勝さんがその犯人として逮捕されました。奥西さんは犯行を「自白」しましたが、逮捕後は「警察に自白を強要された」と主張し、以降一貫して無実を主張してきました。裁判の第一審は無罪でしたが、二審で死刑判決が出され、最高裁で死刑が確定しました。その後再審開始決定などもありましたが、奥西さんは87歳になるいまも死刑囚として拘束され続けています。
 この映画は、奥西さんの逮捕や裁判の経過、弁護団や奥西さんを支援する人々の活動などを描いています。俳優・仲代達矢さんが拘置所に閉じ込められている奥西さんの役を演じています。奥西さんが支援者と生き抜く「約束」をしたシーンなどは胸を打ちます。
 映画は、奥西さんは無実であることを様々な角度から明らかにしています。不当な刑罰が課されて人々の「人身の自由」が奪われることがないよう、日本国憲法には厳格な刑事手続きの規定が定められています。その趣旨を学び広げる必要があるとあらためて強く感じさせられます。

【映画情報】
製作年:2012年
上映時間:120分
監督:齊藤潤一
出演:仲代達矢、樹木希林、天野鎮雄、ほか
*公式サイトはこちら

 この映画は2月16日(土)から東京渋谷のユーロスペースでロードショーが始まり、以降全国で上映されます。



 
                              

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]