法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画「レ・ミゼラブル」

H・O
                              


 1789年の市民革命でフランスのルイ王朝は倒れましたが、新体制はなかなか安定せず、やがて新しい王政が成立することになりました。多くの人々はギリギリの生活が続き、ちょっとしたことからどん底の生活に突き落とされることになったり、犯罪に手を染めてしまう人も少なくありませんでした。やがて人々は本当の自由を求め、蜂起することになっていきます。
 そのような時代のフランスの人々が描かれた映画です。
 映画は、かつてパンを盗む罪を犯してしまった男の仮釈放後の生活と生き方を中心にしています。彼は人々の生活を守るために奮闘します。映画を観る者の多くは彼の生き方・姿勢を賞賛することになるのだと思います。
 ただ、筆者としては、あの時代の民衆のたたかいの意義を再確認することが大事だと思いました。こんにちの社会は、近代市民革命と、その後の真の自由を求める民衆のたたかいによって築き上げられています。この映画での民衆蜂起もそのような脈絡の中で理解すべきだと思いました。
 ミュージカルの名作「レ・ミゼラブル」の映画化です。演技や歌には迫力があり、人を引きつける映画です。

【映画情報】
監督:トム・フーパー
出演:ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ
2012年12月21日、日本で公開開始
公式サイトはこちら



 
                              

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]