法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画「Workers」

H.T
                              


 先月7日のNHK「クローズアップ現代」は、「働くみんなが"経営者"〜雇用難・不況の時代を切り拓くか?〜」をタイトルに、「協同組合」による「協同労働」という新しい働きかた、生き方を採り上げていました。ここで紹介されていたスペインの協同組合、「モンドラゴン協同組合」は、スーパーマーケットの経営、家電の製造・販売など280を超える事業を手がけ、組合員は、8万3000人にも上り、年々約2000人増加しています。協同労働はイギリス、イタリアなどでもなくてはならない存在になっています。

 資本主義経済が効率優先主義で成長に行き詰まり、収入格差、労働者の働き甲斐の喪失、失業などが大問題となり、将来の展望が見えにくくなっている今、日本でも「協同労働」が注目されています。この映画で紹介されている労働者協同組合(ワーカーズコープ)は、労働者自身が主として資金を持ち寄り、平等な立場で事業、経営に参加しつつ労働し、既に5万人がこの形態で働いています。

 映画に登場するのは、東京都墨田区のワーカーズコープです。児童館や介護事業など、スタッフが雇う者、雇われる者という関係を乗り越え、自ら仕事を起し、事業計画、報酬等全てを合議制で決め、生き生きと意欲的に働いています。自らが経営の主体なので創意工夫も随所に生かされ、働き甲斐を見出している様子が描かれています。地域社会に溶け込みその力を引出したり行政と連携しながら「まちづくり」「きずなづくり」を行っています。

 企画・原案を担当した永戸さんは、「地域レベルからグローバルなレベルまで、富は市場の都合に支配されてきました。しかし、生きる・働く・生活するという点で、本当に顔が見える協同・連帯のネットワークが多重につくられれば、そのメカニズムが市場をコントロールできるのではないでしょうか」と述べています(広井良典編著「協同で仕事をおこす」27ページ)。

【映画情報】
製作・著作:日本労働者協同組合(ワーカーズコープ)連合会センター事業団
製作:2012年日本
監督:森康行
企画・原案:永戸祐三
時間:94分
出演:立花児童館スタッフ/いきいきプラザ・高浜和行/あゆみケアサービススタッフ/八広はなみずき児童館スタッフ他
ショートコント:松元ヒロ
上映館:ポレポレ東中野で上映中、他に地域上映会開催中
公式ホームページ



 
                              

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]