法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画「日輪の遺産」

H・O
                              


 敗戦濃厚と日本軍のトップ5人が密かに判断した。そして、奪った米軍マッカーサーの財宝を戦後復興のために秘匿するよう部下に指示した。その作業には動員した女生徒20人にあたらせた。財宝ではなく米軍を迎え撃つ弾薬だと思い込まされて作業し終えた彼女らは・・・。
 話はこのように展開していきます。
 "お国のために"と作業に励む女生徒たちでしたが、戦争への疑問を表明する女生徒もいました。「上官」の命令に背きながら、生き残った女生徒の命を守る将校もいました。そんな場面もあります。こんにちの社会では戦争と軍隊は否定され、人の命と思想・表現の自由を大事にされるべきこととされますが、そのことを主張することは戦時中においては至難なことだったことでしょう。そのような人たちがいたことは語り継がれるべきことと思いました。
 かつての日本の戦争についての小説や映画は、そのバカバカしさや愚かさを明らかにして平和主義の重要性を説くものと、それを「自虐的に」描くのではなく、むしろ日本国の誇りのためにたたかった人々の姿を讃えるものに、大きく分かれるように思われます。もちろん単純な色分けをすべきでないでしょう。この映画を観て、小説を読む側・映画を観る側が、日本の戦争とその後にできた平和憲法の価値をよく見極めることが肝心だということを改めて強く感じました。

【映画情報】
製作年:2011年
上映時間:134分
監督:佐々部清
出演:堺雅人、中村獅童、福士誠治、ほか



 
                              

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]