法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画「希望の国」

H・O
                              


 福島第一原発事故に続いて、また原発事故が発生した。警戒区域内の人々に避難命令が出された。家畜の殺処分も命じられた。放射能の拡散にどう対処すべきか、人々はまたもや右往左往させられることになった・・・。
 こんなストーリーです。
 福島第一原発事故の原因が究明され、原発事故の実効ある再発防止策が確定する、ということにはおよそなっていない、そんな今日の日本で、再び事故が起こることが警鐘されている、そのことを強く感じさせる映画です。
 原発事故のことを忘れ、ひきつづき原発中心のエネルギー政策を続けようとする人たちなどに支持される政府は、政府の権力行使を制限する憲法がその政策遂行の足かせになると感じてか、憲法「改正」への決意まで明らかにするに至っています。原発に依存するエネルギー・経済政策を抜本的に見直し、一人ひとりの人間らしい生活を保障する社会をつくる、まさに憲法の理念にもとづく政治をすすめることが「希望の国」への道ではないのか、そんなことを改めて考えさせてくれました。

【映画情報】
製作年:2012年
上映時間:133分
監督:園子温
出演:夏八木勲、大谷直子、村上淳、ほか
*公式サイトはこちら

 
                              

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]