法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画「風立ちぬ」

H・O
                              


 憧れていた飛行機づくりにたずさわるようになり、戦時中であったことからゼロ戦の設計にあたるようになった青年の姿を描く映画です。
 過日の参議院選挙の際、宮崎駿監督は今般の憲法「改正」の動きに反対する姿勢を明らかにし(こちら)、大きな話題になりました(関連情報・朝日7/19)。宮崎監督はその想いをこの映画でストレートに表現しているわけではありませんし、映画に対しては様々な評価もあるだろうと思います。しかし、筆者はこの作品にも宮崎監督の想いが秘められていると感じました。ここではその理由を綴ることは差し控えたほうがよいでしょう。観た者同士での語り合いが広がって欲しいと思います。

【映画情報】
製作年:2013年。
上映時間:126分。
監督:宮崎駿。
  *全国各地で上映中。
  *公式サイトはこちら

 
                              

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]