法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画「素晴しき戦争」

H・O
                              


 1914年、オーストリア皇太子暗殺事件を契機にヨーロッパ各国が次々に開戦し、第一次世界大戦が勃発し、多くの人々が戦争に巻き込まれ、大量の犠牲者が生まれることになりました。その様子を描く映画です。
 各国の、そしてその軍の指導者がゲームのような感覚で開戦を決め、戦争を指揮する、その一方で、多くの民間人が戦争に巻き込まれ、そして戦地の軍人たちが次々と命を落としていく、反戦運動が高まっても戦争が続く、その対比を示し、戦争の悲惨さ・愚かさ・不条理さが伝わってくる作品です。
 「素晴らしき」は皮肉です。

【映画情報】
製作国:イギリス
製作年:1969年
上映時間:145分
監督:リチャード・アッテンボロー
出演:ローレンス・オリビエ、ジョン・ギールグッド、ラルフ・リチャードソン、ほか

<法学館憲法研究所事務局から>
 「法学館憲法研究所2013憲法フォーラム」の第3回「憲法9条を守るということ」(12月9日(月))では森英樹名古屋大名誉教授が伊藤所長とともにコーディネーターを務め、参加者とともに議論します。多くの方々にご参加いただきたいと思います。
 このような議論は、たとえば上記のような、戦争というものの現実にも目を向けることによって、より深まることになるでしょう。

 
                              

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]