法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画「マイ・バック・ページ」

H・O
                              


 1960年代末、政府の施策に反対する学生たちの運動の中で暴力に訴える過激派の影響力が強まりました。過激派の主張と闘争、そしてそれにシンパシーを感じ、その行動を報じようとする新人記者の心の葛藤を描く映画です。
 この作品の意図を製作者や監督がどう考えたかは置くとして、当時のことが適切に語り継がれることは重要だと思います。当時学生だった人たちの多くは運動の当事者だったり、いろいろな関わり方をしています。したがって、当時のことを誰もが納得できるように語ることには不可能ではないでしょうか。もちろん、当時の学生たちが暴力を用いたことは許されざることでしょうが、彼ら彼女らが政治の現状を憂い、それに立ち向かったこと自体は評価されるべきではないかと思われます。国民が政治を主体的に考え、必要な行動をすることは憲法が予定するところですから。

【映画情報】
製作年度:2011年
上映時間:141分
監督:山下敦弘
出演:妻夫木聡、松山ケンイチ、忽那汐里、ほか




 
                              

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]