法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画「日本列島」

H・O
                                                           


 日本に駐留していた米軍の幹部が水死体で発見された。が、水死体はいちはやく本国に送還され、日本の警察は何もできなかった。それを不可解に思った別の米軍幹部が1年後にその真相を調べるよう、米軍で通訳として働いていた日本人に命じた。その日本人は、事件を不可解に思っていた、日本の警察官や新聞記者などとともに調査を始めた。すると、死んだ米軍幹部が贋ドルづくりにまつわる事件に関係していたことがわかった。そして贋ドルづくりに関与していた人物も明らかになる………。
 というように話が展開していく映画です。結末は実際に観て確認してください。
 戦後、米軍の日本への駐留によって米兵による事件が頻繁に発生し、いまなお重大問題となっています。同時に、米軍の日本への駐留をめぐって、そこに贋ドルをつくる特殊機関が暗躍していたということも衝撃的です。
 この映画は、実は戦後アメリカの統治下におかれた沖縄をめぐる問題も抉っています。この映画のタイトル「日本列島」は、沖縄も日本であり、沖縄が本土と異なる取り扱いを受けることは不当だというメッセージなのだろうと筆者は思いました。戦後制定された日本国憲法に基づく日本社会の形成過程の暗部に切り込む作品だといえそうです。

【映画情報】
製作年:1965年
上映時間:115分
監督・脚色:熊井啓
出演:宇野重吉、二谷英明、鈴木瑞穂、芦川いづみ、木村不時子、ほか


 
                                                           


<「シネマDE憲法」関連情報>

「憲法を知ることは、リアルと普遍の間を何度でも行き来すること——『映画で学ぶ憲法』」志田陽子さん(武蔵野美術大学造形学部教授)



 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]