法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画『RAILWAYS − 愛を伝えられない大人たちへ』

H・O
                                                           


 何よりも乗客の安全を第一に考え、電車の運転手をしてきた実直な男。やがて定年という時期に、妻から自分も働きたいと言われることになる。妻の気持ちは強く、家を出てまでして、介護の仕事に就くことになった。夫も妻も、人に尽くす仕事をすることに、それぞれなりに喜びや誇り、生きがいを感じ、深めていく。そんな姿が描かれた映画です。働くということの尊さ、憲法が人々の勤労する権利を謳っていることの意味を深めて考えてもらえる気がします。妻が働くことに反対だった夫がやがて理解し、お互いの愛を深めることになるところも見所でしょう。
 北陸・富山の豊かな自然にも心洗われる作品です。

【映画情報】

製作公開年:2011年
上映時間:123分
監督:蔵方政俊
出演:三浦友和、余貴美子、小池栄子ほか


 
                                                           


<「シネマDE憲法」関連情報>

「憲法を知ることは、リアルと普遍の間を何度でも行き来すること——『映画で学ぶ憲法』」志田陽子さん(武蔵野美術大学造形学部教授)



 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]