法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画『friends after 3.11』

S.K.
                                                           

 本作品は、宮城県仙台市出身の岩井俊二監督が、3.11後に出会った友人や、久しぶりに再会した友人と、震災後の日本の現在や未来を語るドキュメンタリー映画です。
 ドキュメンタリー映画でありながら、岩井俊二映画の世界観も感じられる作品になっています。
 ナビゲーターは、震災後、原発問題に関心をもち様々な活動をしている女優の松田美由紀さん。出演者は、「原発のウソ」などの著作で知られる京都大学原子炉実験所助教の小出裕章さん、社団法人自由報道協会代表上杉隆さん、元東芝・原子炉格納容器設計師の後藤政志さん、経済金融界では脱原発宣言を掲げた城南信用金庫の理事長である吉原毅さん、反原発の立場で活動を続けてきた文筆家の田中優さん、環境エネルギー政策研究所(ISEP)の所長飯田哲也さん、NPO法人「自殺対策支援センター ライフリンク」代表清水康之さん、原発をテーマにしたドキュメンタリーを数々生み出している鎌仲ひとみさん、日本を代表する数多くのアーティストをプロデュースしてきた小林武史さん、IWJ(インディペンデント・ウェブ・ジャーナル)代表の岩上安身さん、内閣府原子力委員会専門委員なども歴任している中部大学の武田邦彦さん、脚本家の北川悦吏子さん、震災直後自身のブログに原子力撤廃を訴え一躍話題となったアイドルの藤波心さん、レアアースの精製工場から排出される放射性廃棄物の問題に取り組んでいるタン・チュイムイさん、脱原発を宣言して被災地での講演などに奔走してきた山本太郎さんなど、そうそうたるメンバーが登場しています。
 もうすぐ東日本大震災から4年が経とうとしています。この映画は2012年の春には公開されていますが、この映画を通じて指摘されている問題は全く古くなるどころか、ますます深刻になっています。まだ、この映画で語られている真実を知らない人も多いように感じます。
 わたしたちが忘れてはいけないこと、4年間の自身を振り返り、未来を考えるのにふさわしい映画ではないでしょうか。

【映画情報】
製作年:2012年
上映時間:2時間15分
プロデューサー:岩井俊二・原田美穂 
撮影:角田真一 ・神戸千木  
編集:岩井俊二・今井大介・後田良樹  
製作:『friends after 3.11【劇場版】』製作委員会 


 
                                                           


<「シネマDE憲法」関連情報>

「憲法を知ることは、リアルと普遍の間を何度でも行き来すること——『映画で学ぶ憲法』」志田陽子さん(武蔵野美術大学造形学部教授)



 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]