法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画『女性たちにとっての日本国憲法』

花崎哲さん(「憲法を考える映画の会」代表)
                                                           


「日本女性は平和と進歩の指導者になって下さい」(ベアテ・シロタ・ゴードン)、
「世の中を正しくしていくのは女性の役目ですね」(土井たか子)

この作品は、2000年12月2日、東京で開かれたベアテ・シロタ・ゴードンと土井たか子のお二人の対談をまとめた映像です。テーマは「日本国憲法の現在とこれから」。
ユーモア溢れる二人の対談は、社会に生きる女性たちへのヒントでいっぱいです。

それから15年、おふたりが熱い気持ちを込めて平和憲法のかけがえのなさを話したこの国の憲法は、まさに存亡の正念場を迎えるに至っています。
でもそのことは多くの国民によって実感されているでしょうか。
もういちど、これらのお話を聞き直し、もう一度いまこそ私達の日本国憲法を大切にしていかなければならないという気持ちを強くしていきたい、広く伝えて行きたいと思い上映会を開き、またこの場を借りてご紹介したいと思いました。

以下、この映画の中で印象に残ったお話の中から

「他の国の憲法に比べまして、紛れもない事実としてあるのは徹底した平和主義という点です。(中略)何でこれほど徹底した平和主義というのを憲法自身がしっかり決めることになったのか、実は私は日本国憲法の「いのち」と思っているわけです。
この憲法が公布されたとき私は大学生でした。世の中はですね、先ほどベアテさんもおっしゃったけれど、この憲法に対して少なくとも私達の周囲の方々はみんな大歓迎だったのです。
とても喜んだ。「よかった」ってみんなで言ったんですよ。
何で喜んだっていったら、「ふたたびどんなことがあっても戦争しない」っていうこの点なんです。(中略)

どの国の憲法でも歴史を持っております。
歴史的経過があります。

その中で憲法は生まれているわけですから。
歴史的経過というものを考えてまいりますと、私は日本国憲法のとくにこの「徹底した平和主義」の中味というのは、「戦前の犯した過ちに対する猛反省」と 「アジアに対して行った私達の侵略行為」をはじめとして、忘れてはならない私たちの「過去の間違った政治のやり方」に対するこれは自覚だと思うのです。
だからですね、歴史の清算というのは、これは大変に大事なことになるわけですね。」(土井たか子さん)

第18回憲法を考える映画の会は、6月13日「九条を語る、憲法を話す」というテーマで、日本国憲法についての講演を収めた映像を見てあらためて憲法を考えようとしています。
『井上ひさしさん九条を語る』『加藤周一さん九条を語る』『女性たちにとっての日本国憲法』と言った作品を見て、憲法の作成に関わったベアテ・シロタ・ゴードンさんと元社会党委員長の土井たか子さんはじめ、憲法を守る運動に関わった井上ひさしさん、加藤周一さんが熱を込めて遺された憲法のお話にもう一度の耳を傾け、かけがえのない日本国憲法の存在意義を心に刻みつけたいと思いました。

第18回「憲法を考える映画の会」
日時:6月13日(土)13:30〜16:30
会場:東京体育館 第4会議室 
(総武線千駄ヶ谷駅・地下鉄大江戸線国立競技場駅2分)
映画『井上ひさしさん 九条を語る』(18分)
映画『加藤周一さん 九条を語る』(20分)
映画『女性達にとっての日本国憲法』(46分)
参加費:一般800円 学生600円


 
                                                           


<「シネマDE憲法」関連情報>

「憲法を知ることは、リアルと普遍の間を何度でも行き来すること——『映画で学ぶ憲法』」志田陽子さん(武蔵野美術大学造形学部教授)



 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]