法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画『「禁じられた歌声』(原題:TIMBUKTU)


花崎哲さん(「憲法を考える映画の会」)
                                                           

ボールのないサッカーのゲーム、音の聞こえない音楽、彩りのない衣装。人々にそう強いているイスラム過激派の兵士も同じ若者、サッカーも音楽も彩り鮮やかな衣装もほんとうは好きなのだ。途方に暮れたように見つめている表情は、そうした彼らの内心をありありと表している。

アフリカ、マリ共和国の砂の古都ティンブクトゥの人々に、そして遊牧の民のトアレグ族の家族に降りかかった悲劇、それは誰が悪いのか、誰も悪いわけではないのだが、という視点でこの映画は作られているようだ。ストーリィの中心となる家族の悲劇の原因を、直接イスラム過激派兵士とのぶつかりに置かなかった配慮もそうしたことからくるのかもしれない。むしろそうした悲劇は彼らの周囲で、断片的に伝えられ、集まり、積み上がって破局へと向かう。

この映画を見ていて強く感じたのは、イスラム国一帯を紛争に巻き込んだ過激派グループの兵士、指導者、その支配下にある砂漠の民、そのどちらにも悩みや迷いがあることをよく伝えていることである。街を制圧している過激派の指導者であっても信仰厚いものの前ではたじろぎ、迷い、自分たちのやっていることにぐらつく。
決して彼ら過激派が流す宣伝映像や、主にアメリカの劇場映画などに現れるテロリストのように、問答無用の狂信的主義者などではないのだ。当たり前のことだが誰もすべてがテロリストなどではないのだ。そのことを最もよく感じているのは、外部からの批判的な目ではなく、同じ土地に生き、その中にあって同じ境遇に苦しんでいる人間の視点をもっている作り手である。

しかしそれでも厳しい戒律、あるいは異端によって、その土地に生きた人々が積み上げてきた楽しみも、喜びも、幸せもことごとく壊され、抑圧の中に封じ込められ、いのちを失うのだ。
希望はないのか。イスラム過激派の兵士を含め若者が見せる「ためらい、迷い」の表情に、また、そのような描き方をした作り手に、その意図が見えてそこに期待をかすかに感じる。

ストーリー
ものがたり(公式サイト)

【映画情報】

スタッフ
監督・脚本:アブデラマン・シサコ

脚本:ケッサン・タル

音楽:アミン・ブアファ

キャスト
イブラヒム・アメド(キダン)
トゥルゥ・キキ(サティマ)
ファトウマタ・ディアワラ(ファトゥ)
イシューム・ヤクビ(ジハーディスト)
アベル・ジャフリ(アブデルグリム)
ケトゥリ・ノエリ(サブー)
メディ・A・G・モハメド(イサン)
ライラ・ワレ・モハメド(トヤ)

2014年 フランス・モーリタニア映画・97分

映画『「禁じられた歌声』公式サイト


 
                                                           


<「シネマDE憲法」関連情報>

「憲法を知ることは、リアルと普遍の間を何度でも行き来すること——『映画で学ぶ憲法』」志田陽子さん(武蔵野美術大学造形学部教授)



 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]