法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画『この世界の片隅に』


花崎 哲さん(憲法を考える映画の会)
                                                           

この時期に生きた誰にでもあった物語なのでしょう。戦争や国の政治が人々の生活や生命、幸せを否応なく奪っていく現実を、ありふれたひとりの少女の日常生活を描写する中に、目に見える形にした作品と思いました。
  
親から、特に母から聞いた戦争のときの話を思い出しました。
映画を観ながら、「ああ、聞いたことのある話だな」と思い出した話がいくつもあります。戦争の悲惨な出来事という意味での話と言うより、その時期の社会の空気のようなものに特に感じ入りました。戦争のときのことを話してくれたときの母の年齢をとうに超えてしまっていますが、私は子どもにそうして聞いたこと、その実感の何を伝えていくことができるのでしょうか。今のような情況の中で、「戦争」を声高に政治の話として語るだけでなく、あくまで生活の実感として描いて、それを子どもの気持ちや若いひとの気持ちに投げかけ、感じさせるマンガと映画を作ってくれたことに「ありがとう」と言いたいです。

1944年広島。18歳のすずは、顔も見たことのない若者と結婚し、生まれ育った江波から20キロメートル離れた呉へとやって来る。それまで得意な絵を描いてばかりだった彼女は、一転して一家を支える主婦に。創意工夫を凝らしながら食糧難を乗り越え、毎日の食卓を作り出す。やがて戦争は激しくなり、日本海軍の要となっている呉はアメリカ軍によるすさまじい空襲にさらされ、数多くの軍艦が燃え上がり、町並みも破壊されていく。そんな状況でも懸命に生きていくすずだったが、ついに1945年8月を迎える。(Yahoo!映画『この世界の片隅に』あらすじより)

終戦を迎えたときの "すず"の怒りは、私たちの心につきささります。
"すず"は空襲の時限爆弾の爆発で右腕を無くしてしまって、その時、かわいがっていた義姉の子、晴美を亡くした。「よかった、よかった。これだけですんで良かった」ってまわりが言うが、「何が良かったのか」「どう良かったのか」。しかしこの怒りがこの後の"すず"やおそらく、"すず"と同じような思いをした人々の中で、戦後に生きる平和や男女平等や家族制度に対する考え方や民主主義への思いに結びついていったのではないか、そんな予感を強く感じさせます。

この映画の監督の片淵須直さんは、「浦野すずという少女が自分を取り戻していく物語です」と語っています。(『この世界の片隅に』パンフレット)
"すず"は、かわいい子供みたいに素直な女性というだけでない、ものを言うようになる、だんだん強くなっていく。そうならざるを得ないことが"すず"にあったことがよくわかる。それは、この時期に生きた人の多くが感じたことと思います。「納得がいかない」ことにこだわることは大切なことです。
原作を読みたくなりました。どこまでが原作のマンガで、どこからがアニメーション作品が描く世界なのか。全体に流れている女性の「意志」はどちらに依ったものなのか?
男尊女卑のまかり通る戦前、さらにその色の濃くなる戦中においても、夫の周作さんにそうしたものを感じさせないのはもともと彼が"すず"に「ぞっこん」だったからでしょう。わたしはそうした周作さんの視点から"すず"を見ているほうに思いがいってしまいます。

私はこの映画を平日の午後、新宿の映画館で見ましたが、満員で立ち見でした。長い長いエンドタイトルの間も出て行く人はほとんどいませんでした。ぎっしりの映画館、若い人が多く、若いカップルも見かけました。彼らがどんな感慨をこの映画から持ち帰ったのだろうかと想像すると、心が弾む思いがします。

スタッフ
監督・脚本:片淵須直
原作:こうの史代
企画:丸山正雄
監督補・画面構成:浦谷千恵 キャラクターデザイン・作画監督:松原秀典 美術監督:林孝輔
色彩設計:坂本いづみ 動画検査:大島明子 撮影監督 熊澤祐哉 編集:木村佳史子
音楽:コトリンゴ
プロデューサー:真木太郎

キャスト
のん(北條(浦野)すず)
細谷佳正(北條周作) 尾身美詞(黒村径子) 稲葉菜月(黒村晴美) 牛山茂(北條円太郎)

2016年 日本映画 126分
配給:東京テアトル 
オフィシャルサイト:http://konosekai.jp/
予告編:https://www.youtube.com/watch?v=yoI9Yl60BqU
テアトル新宿、池袋HUMAXシネマズなどで上映中



 
                                                           


<「シネマDE憲法」関連情報>

「憲法を知ることは、リアルと普遍の間を何度でも行き来すること——『映画で学ぶ憲法』」志田陽子さん(武蔵野美術大学造形学部教授)



 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]