法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画『アフガニスタン 用水路が運ぶ恵みと平和 技術編』


花崎 哲さん(憲法を考える映画の会)
                                                           


 善意と信念、アフガニスタンの水路現場で土地の人たちと活動する中村哲さんの笑みを見ているとそんな言葉が頭に浮かびます。
 中村さんは言います。「困った子どもが泣いていたら『どうしたの?』と聞くでしょう」それが中村哲さんの行動の原点のようです。そうして1984年からパキスタン、アフガニスタンで人々を病気から守り、井戸を堀り、水路を作って荒廃した大地を緑の沃野に変え、人々が平和に暮らし、力を合わせて生きていく社会を作っていきました。
 私も映画を見ていて、「村人たちが誰から言われるでもなく水路を守るために自主的に集まってきた」場面などでは目頭が熱くなっていました。素直に、喜びをともにしたいという気持ちがわいてくる映画です。
 
 医師の中村哲さんが戦乱と干ばつの地、アフガニスタンで用水路建設を始めてから13年。
 いま、中村医師が関わった用水路群の水で1万6千ヘクタールの大地が甦り、60万人の命が
支えられています。用水路沿いには麦の穂がゆれ、野菜や果物が実り、それらの恵みが人々に穏やかな暮らしをもたらしました。
 それでは、恵みと平和を運ぶこの用水路群はどのようにして建設されたのでしょうか?そこには知られざる「江戸の技術」と中村医師が編み出した 「中村メソッド」とも呼べる技術がありました。 このDVDはこうした知られざる技術にも焦点をあてた、中村医師による「干ばつと戦乱」との闘いの記録です。(DVD「アフガニスタン 用水路が運ぶ恵みと平和」案内ページより)

 DVDには2002年から2015年までのアフガニスタンでの活動を紹介する「本編」と、「技術編」の二つが収められています。
 「技術編」は、どのように水路に水を通したか、とくにその建設にあたって、「斜め堰」や「蛇籠」「砂止め池」など江戸時代に作られた日本古来の灌漑の土木技術がどのように活かされたかをCGの図解を交えながらわかりやすく、興味深く見せていきます。
 中村さんが先人の知恵と工夫、努力に、敬意と信頼を寄せていることが感じられます。何よりも村人のことを思って知恵と工夫を捧げた江戸時代の先人篤農家の魂が中村さんに乗り移っているようにさえ思われます。
 欧米の援助でできて立派な堰が使い物にならなくなって、中村さんのところに村人たちが相談に来ます。大臣がやってきて、このPMS(ペシャワール会医療サービス)方式の灌漑事業をアフガニスタンの全土で行うと話しました。なおこれからも中村さんたちの努力と技術が引き継がれていくことを感じ、希望がもてる思いがしました。
 ちいさな中村さんを抱き上げた大男たちの親しみと感謝に満ちた表情。常に現場に出て、そこに生きる人々の目から、長い年月、土地の人たちのものになる技術は何か考え続けてきた中村さんの考えを、ほんとうに多くに伝わっていることを実感させる場面です。
 そしてさまざまな障壁を前に困難の中にあるとき、あるいはそれを成し遂げていったときの中村さんの言葉は強く私たちの気持ちに響きます。

 中村さんは2014年、日本政府が解釈改憲によって集団的自衛権容認を決めたときに、自分たちがアフガニスタンの人と築きあげてきた信頼を壊すものだと鋭く批判しています。 
 「アフガニスタン人にとって、日本は、軍事行動に消極的な国だと思われています。一言で言うと、敵意のない国。これは自衛隊の行動を縛ってきた憲法9条の威力です。アフガニスタン人も、日本には、他国の戦争に加担しないという『掟』があることを知っています。(中略)アフガニスタン人は、多くの命を奪った米国を憎んでいます。日本が米国に加担することになれば、私はここで、命を失いかねません。安倍首相は記者会見で、『現状では』海外で活動するボランティアが襲われても、自衛隊は彼らを救うことはできない」と言ったそうですが、全く逆です。命を守るどころか、かえって危険です。私は逃げます。
 9条は、数百万人の日本人が血を流し、犠牲になって得た、大いなる日本の遺産です。大切にしないと、亡くなった人たちが浮かばれません。9条に守られていたからこそ、私たちの活動も続けてこられたのです。」(西日本新聞2014年5月16日)

 集団的自衛権という形で、外に向けて軍事行動に踏み出すことは、中村さんたちが作り上げてきた現地の人々との信頼とさらに期待されている未来に向けたしごとを壊すものになります。
 そしてそれはこの映画に描かれているような、私たち自身が望んでいる世界の人々の幸せと平和に対してできることを壊していくものになります。

【スタッフ】
朗読 吉永小百合
ナレーション 濱中博久
取材:柿木喜久夫/大月啓介/アミン・ウラー・ベイグ
編集:櫻木まゆみ
構成・制作:上田未生
撮影・監督:谷津賢二
企画 ペシャワール会
製作 日本電波ニュース社
2016年制作/30分+35分/日本映画 
【販売】
ドキュメンタリー映画DVD(上映権付き)
 本編 緑の大地計画の記録  30分
 技術編 PMSの灌漑方式  35分
 価格 2700円(税・送料別)
 ライブラリー価格 7500円(税・送料別)
 注文・申し込み:日本電波ニュース社 
http://www.ndn-news.co.jp/shop/pickup/Megmitoheiwa.html



 
                                                           


<「シネマDE憲法」関連情報>

「憲法を知ることは、リアルと普遍の間を何度でも行き来すること——『映画で学ぶ憲法』」志田陽子さん(武蔵野美術大学造形学部教授)



 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]