法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

「憲法映画祭2017」のご案内(2)


花崎 哲さん(憲法を考える映画の会)
                                                           


先週に続き、4月29日(土・祝)、30日(日)に予定している「憲法映画祭2017」の2日目のプログラムの作品についてご案内させていただきます。

【憲法映画祭2017】のご案内
と き:4月29日(土・祝)30日(日)
ところ:日比谷図書文化館・コンベンションホール
テーマ「今は、もう"戦前" なのですか〜 」
憲法施行70年の今年、憲法記念日前の二日間。戦争と憲法の"いま" を考えます。

4月29日(祝)10時30分〜16時40分 「ドイツにおける戦争責任」
10時30分〜11時10分 
『意志の勝利』(114分・1934年・ドイツ)*ナチス党大会の第一日目のみ上映
11時20分〜13時30分 
『白バラの祈り ゾフィー・ショル最期の日々』(121分・2005年ドイツ)
13時40分〜14時20分 
『夜と霧』(32分・1955年・フランス)14時30分〜16時40分 
『顔のないヒトラーたち』(123分・2014年・ドイツ)

4月30日(日)10時30分〜16時40分 「戦争と日本国憲法」
10時30分〜12時20分 
『戦争しない国 日本』(90分・2006年・日本)
12時40分〜14時20分 
『大東亜戦争』(98分・1968年・日本)*この作品のみ入場無料
14時20分〜15時00分 
お話「報道の欺瞞と"いま"(仮題)」金平茂紀さん(ジャーナリスト)
15時10分〜16時40分 
『天皇と軍隊』(90分・2009年・フランス)
入場料:1日券一般1500円 学生500円

【第2日目のプログラムの作品紹介と上映のねらい】
4月30日(日)10時30分〜16時40分 戦争と日本国憲法
 
「戦争しない国 日本」(90分・2006年・日本)

《映画の解説》日本国憲法とその平和主義をめぐる規定は、なせ、どのように誕生したのか?それは日本社会と国際社会にどのような役割を果たしてきたのか?日本国民はそれをどのように受けとめ、憲法9条を守ろうとしてきたのか?戦前から戦中、戦後にわたる歴史的な映像によって検証する。
http://www.filmkenpo.net/index2.html
《上映会のねらい》2006年、第一次安倍第内閣が成立したときの場面で、この映画が終わっていることが示しているように、安倍政権の登場と憲法改悪の危機意識の中、日本の近現代史の中で憲法9条の意味を改めて問い直そうとしている作品であることがわかります。とくに、基地闘争、原水爆禁止運動や安保闘争、沖縄返還運動など繰り広げてきた戦後の市民運動の紹介に時間を割いている点もこの作品をもう一度見てみようと思ったポイントです。
単にこんなことがあったと歴史の事件として追うだけでなく、私たちは今の状況をどのようにどう闘っていかなければならないかを「平和を守るために日本を戦争する国にしないために闘ってきた」先人たちの努力から学んでいきたいと考えました。

「大東亜戦争」(98分・1968年・日本)

《番組の解説》映画監督・大島渚が、日本テレビのプロデューサー、牛山純一の下で手がけたアーカイブ・ドキュメンタリー。あえて「大東亜戦争」と銘打たれた資料映像で全編が構成され、悪化する戦況の合間に挿入される為政者の"大本営発表"の言葉が、今の時代を討つ。(この作品のみ入場無料)
(作品の詳しい解説は「シネマ・DE・憲法」2017年2月27日にもあります)
《上映会のねらい》冒頭に「このフィルムは、すべて大東亜戦争当時、撮影されたものである。言葉、音、音楽もすべて当時、日本人によって録音されたものである。」とあるように、極めて客観的にこの映像と音声を流した側とそれを受け止めた側の思うところを追体験、再現しようとしています。
勝ちいくさのうちは「行け行けどんどん」ですが、負け戦になっても「言葉の言い換え」を行って真実を伝えようとしない当時に大本営発表の欺瞞性がありありと見え、現実との乖離、破綻していくのを戦中の国民が耳にしていたことを追体験することになります。
こんな言葉に踊らされていたのか、と歴史を経てその結末を知った目から見ればお思いでしょうが、私たちは今、これと同じような「言葉の言い換え」「ウソ」「言い逃れ」にさらされています。それをすでに「おかしい」とも声を出さなくなっているのではないでしょうか。

お話「報道の欺瞞と"いま"(仮)」金平茂紀さん(ジャーナリスト)

「座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバル」でテレビ番組の『大東亜戦争』を見た後のトークがジャーナリストの金平茂紀さんでした。そしてその後の話の内容は,大本営発表の欺瞞性をめぐるもので、それと現在のマスメディアの問題でした。そこで金平さんにこの『大東亜戦争』を見た後、お話をいただくことにしました。

「天皇と軍隊」(90分・2009年・フランス)

《映画の解説》9条はなぜ必要だったのか? なぜ天皇制は存続したのか? 昭和天皇と自衛隊を正面から見据えたフランス制作ドキュメンタリー。冷戦期アメリカの庇護のもとで、日本は世界大戦の荒廃から経済的復興を遂げた。ソ連の崩壊、中国の市場開放、欧州統合とグローバリゼーションの波は、日本の政治に舵を切らせた。世界の中の日本のプレゼンスを高めるための"国際貢献"である。 
(作品の詳しい解説は「シネマ・DE・憲法」2015年10月19日にも)
《上映会のねらい》ラストは日本の戦後の国民の意識の問題を考えていきたいと思います。「天皇と軍隊」と題名にあるのですが、天皇の問題ではなく、私たちの意識の問題です。それは私たちが憲法をどうしていこうとしていくか、あるいはどうして欲しくないと思っているのか、ひいては私たちはどのような社会と世界と政治を望んでいるかにかかってくると思います。
問題をできる限り明らかにし、そこから自分はどうするのか、それしか出発点はないのではないかと思います。70年目の憲法記念日を前に改めてその歴史を見直し、考え、自分たちの望むものを明らかにし,動いていく。そのような想いを込めてこの憲法映画祭を企画し、実行したいと思っています。

 二日間の憲法映画祭を通して,戦前、戦中、戦後、国民は何を知らされていたのか、国民はちゃんと考えたのか、そして国民は自分たちのしてしまったことに対して責任を感じていたのか、ということをもう一度考えたいと思います。
 それは、今知らされていない、考えていない、つまり同じようなことが進められているということに対してまた責任をとらないということにならないか、問いかけていきたいと思います。

 

 

 
                                                           


<「シネマDE憲法」関連情報>

「憲法を知ることは、リアルと普遍の間を何度でも行き来すること——『映画で学ぶ憲法』」志田陽子さん(武蔵野美術大学造形学部教授)



 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]