法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

「被爆者の声をうけつぐ映画祭2017」


花崎 哲さん(憲法を考える映画の会)
                                                           

「被爆者の声をうけつぐ映画祭」は、2007年6月の第1回以来、今回で11回目です。当初の「原爆被爆を描いた映画を特集した映画祭」から、福島原発の被曝や原発反対のもりあがりとともに「映画・映像を通して被爆体験の継承を目的とした映画祭」として作品の幅も広がってきたようです。
新しく完成した作品だけでなく、原爆や被爆について「ああ、こういう作品があった」という作品も探し出して、私たちが見る機会、あるいは上映できる機会をいただけるのはとても貴重です。被爆者の声をうけつぐ映画のリストもつくられていて、その継続性と拡がりをめざす熱意に敬服します。

以下は2017年7月15日と16日に予定されている10本の上映作品のプログラムと作品解説です。

7月15 日(土)  会場:武蔵大学江古田キャンパス 1号館地下 1002シアター教室

プログラム@ 10:00〜
「広島長崎における原子爆弾の影響 長崎編」
ドキュメンタリー/モノクロ/1946 年/84 分
監修:G H Q 製作:米国戦略爆撃調査団 (実際の製作は日本映画社)
日本映画社が企画し、文部省学術調査団長仁科芳雄博士の指導の下に、長崎は9 月24 日より撮影開始。11 月にGHQ による撮影中止命令、撮影したフィルムを米軍が没収。来日した米戦略爆弾調査団に、日映スタッフが作品にまとめることを提案し、受け入れられる。それによって長崎未撮影部分の撮影が可能となり、被爆の生々しい惨状が今に伝わる。完全版で上映。

「広島原爆 魂の撮影メモ 〜映画カメラマン 鈴木喜代治の記した広島」
ドキュメンタリー/ カラー/ 2016 年/29 分
製作・監督:能勢 広
1945 年、日本映画社スタッフとして、被爆直後の広島の惨状を撮影した、カメラマン鈴木喜代治は撮影メモを書き残していた。そこにはカメラワークを含む精細なスケッチが含まれていた。そのメモを鈴木の孫である能勢監督が、被爆後の記録や現在の広島の映像と重ね組み合わせて、静かなピアノ演奏にのせて紹介した短編。

プログラムA 13:00〜
「人間であるために」
劇映画/ モノクロ/1974 年/100 分
監督:高木 一 臣 製作:新映画協会
東京原爆裁判を題材に、実在の弁護士を名優・伊藤雄之助と中野誠也が演じた作品。俳優座の役者たちが脇を固める。岡本弁護士は、被爆者とともに原爆投下の国際法違反と損害賠償を求め、政府を訴える。放置された被爆者たちの苦悩をよそに訴訟は敗訴となるが、"原爆投下は国際法に違反"との判決を得た。しかし人々の無関心は変わらない。無数の人々が行き交う交差点で、岡本は「水爆が落ちるぞ!」と叫び歩く。

プログラムB 16:00〜
「不毛の地」
ドキュメンタリー/ カラー/2012 年/ ロシア/34 分
監督:ゲンナジ・シャバリン 製作:オレグ・ボドロフ
ロシアのウラル地方にあるマヤーク核コンビナートは、原発や原子力潜水艦などの使用済み核燃料の再処理を行う。そこから出される放射性廃棄物は、長年にわたって近隣の湖や河川に垂れ流されてきた。流域の汚染は桁外れ。住民の健康被害は目を覆うほどである。被害住民が苦悩の果てに、ソ連時代から極秘にされてきた核施設のずさんな管理実態を告発する衝撃の作品。

「ハンヒキヴィ・ワン」
ドキュメンタリー/ カラー/2014 年/ ロシア/29 分
監督:ゲンナジ・シャバリン 製作:オレグ・ボドロフ
フィンランドのハンヒキヴィ半島に、ロシアが投資する原発ハンヒキヴィ・ワン計画が浮上する。建設予定地域に家族と住むハンナは、反対運動に立ち上がる。しかし政府と議会は建設を推進。建設予定の原発の核燃料は、ロシアのマヤーク核コンビナートで再処理されたもので、ウラル地方の汚染被害はさらに拡大するという。その実態を告発する環境保護団体のナターシャは国外追放となる。

プログラムC 18:30〜
「飯舘村の母ちゃんたち 土とともに」
ドキュメンタリー/ カラー/2016 年/95 分
監督・撮影:古居 みずえ 編集:土屋 トカチ
製作:映画「飯舘村の母ちゃん」制作支援の会
福島第一原発事故により、飯舘村の人たちは全村避難となった。菅野榮子さん、菅野芳子さんという二人の女性を中心に避難所での生活を追う。避難所でも畑を借り、農作物や植木を育て、お互いに冗談を言い合いながら、たくましく生き抜いている母ちゃんたち。その奥底には失われた故郷への思いが・・・。5 年の歳月をかけてじっくりと撮影し続け、力強く生きる女性たちの姿をとらえた。

7月16 日( 日)  会場:武蔵大学江古田キャンパス 8号館8階 武蔵大学50周年記念ホール

プログラムD 10:00〜
「被ばく牛と生きる」
ドキュメンタリー/ カラー/2016 年/104 分
監督・編集:松原 保 プロデューサー:榛葉 健
ナレーター:竹下 景子 製作:パワーアイ
福島第一原発事故から2ヶ月後、国は福島県の警戒地域内にいる全ての家畜を殺処分する方針を出した。畜産農家の多くは涙をのんで応じたが、殺処分に反対し、牛を自費で生かし続けようと決意した人々もいた。自分たちが育ててきた牛の命を奪うことは許せない、という思いから活動する姿をとらえ、国の対策の理不尽さを浮かび上がらせる。

プログラムE 13:15〜
「永遠なる平和をー原水爆の惨禍ー」
ドキュメンタリー/モノクロ/1954 年/20 分
製作:日本映画新社 総評など11 団体による製作委員会
1954 年、太平洋上での水爆実験で、日本の遠洋マグロ漁船 第五福竜丸などが死の灰を浴び、乗組員 久保山愛吉さんらは急性放射能症と診断された。汚染マグロは廃棄され、放射能雨に人々は恐怖し、科学者たちは放射能による汚染調査に乗りだした。しかし、政府は米国の核実験に協力を表明。平和を求める人々は原水爆禁止署名運動を始めるも、久保山さんは面会謝絶状態になる。その夏の記録。

「千羽鶴」
劇映画/ モノクロ/1958 年/67 分
監督:木村 荘十二 製作:共同映画社=広島平和を築く児童生徒の会
実話にもとづいたドラマ。広島原爆投下から10 年後、2 歳で被爆した少女、さだ子が原爆症になった。さだ子は病床で、鶴を千羽折ると病が治り、原爆がなくなると信じて折り続ける。しかしその願いむなしく亡くなった。悲しむ級友たちは「原爆の子の記念碑」の建立を思い立ち、募金活動を始める。運動は全国に広がっていく。映画に登場する理髪店、病院、学校などは主人公ゆかりの場所。ラストの除幕式は実録。

プログラムF 16:30〜
「アトミック・マム」
ドキュメンタリー/ カラー/2010 年/87 分
監督:M・T・シルビア 製作:スマートガールズプロダクションズ
提供:被爆体験を継承する会
1950 年代に、米軍の生物学者として核実験に関与したポウリーン・シルビアと、8 歳のときに広島で被爆した岡田恵美子の二人を追った作品。冷戦下の原子力政策を背景に、国家機密に関わる自身の仕事内容を娘にも語れなかった母。痛ましい記憶と差別ゆえに被爆を娘に明かせなかった母。立場は異なれど、社会のなかで沈黙を強いられた二人の女性の体験を、娘である監督が映画によって語り継ぐ。

*****************************************

■被爆者の声をうけつぐ映画祭ホームページ:http://hikakueiga.exblog.jp/
■2017年7月15日〜16日 入場料金は下記のとうり
大人・前売 1,000円 (当日 1,200円) 学生・前売  500円(当日 700円) 
フリーパス券 4,000円
★入場は、一プログラムごとの入れ替え制となります。
会場:武蔵大学江古田キャンパス
ご連絡先:03-5466-2311 (共同映画) 090-1793-6627 (金子)
E-Mail: eigasai@gmail.com

 
                                                           


<「シネマDE憲法」関連情報>

「憲法を知ることは、リアルと普遍の間を何度でも行き来すること——『映画で学ぶ憲法』」志田陽子さん(武蔵野美術大学造形学部教授)



 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]