法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<今日は何の日?>

 

11月2日 テロ対策特別措置法成立(2001年)

 2001年9月にアメリカで発生したテロに対する報復として、アメリカはアフガニスタンに武力攻撃を行った。この法律によって日本の海上自衛隊は、はるかインド洋方面に派遣され米軍への給油活動などに従事した。この法律は自衛隊が世界各地の軍事行動に参加する道を開き、政府も憲法9条で禁止されていると解している「集団的自衛権の行使」であり、憲法の平和主義に反するものであると批判されている。2年間の時限立法だったが、現在延長されている。

11月3日 日本国憲法公布(1946年)

 当時の吉田首相は当初、日本国憲法の交付日として8月11日を考えていた。施行日を翌年の2月11日の紀元節(神武天皇が日本を建国した日)にしたいと考えたからである。それはまた明治憲法が公布された日(1889年)でもあった。ところが審議が長びき、それが困難になり、今度は公布日に意味を持たせて、明治天皇の誕生日である11月3日にした(古関彰一著「新憲法の誕生」による)。なお、この日は現在「文化の日」となっているが、明治天皇の誕生日だったという経緯に照らして、憲法の国民主権の原理にそぐわないという議論がある。○○○○○○○○○○○

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]