法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<今日は何の日?>

 

11月9日 ベルリンの壁の崩壊(1989年)

 かつてドイツ帝国の首都として欧州中に君臨したベルリンは、米ソの“冷たい戦争”の影響で、1961年、南北45kmに渡り、高さ2m余の厚いコンクリートの2重の壁(間は緩衝地帯)で東西を分断された。以後、家族、親戚などは引き裂かれた。1989年のこの日、突然の大量越境が起り、壁は崩れた。冷戦終結、東欧改革の象徴的な出来ごととされている。翌1990年東西ドイツは統一を果たした。

11月12日 東京国際軍事裁判(東京裁判)(1948年)

 アジア太平洋戦争における日本の戦争犯罪人に対して、連合国が1946年5月3日に開始した極東国際軍事裁判(東京裁判)は、「通例の戦争犯罪」「平和に対する罪」「人道に対する罪」、殺人を主な訴因としてなされた。裁判では国家指導者層の戦争犯罪を裁くA級戦犯が対象とされ、1948年11月12日、東条英機以下7名の絞首刑を含む被告25名への最終的な判決が下された。この裁判については、天皇の戦争犯罪が問われなかったことなどの問題点が指摘されている。


 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]