法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<今日は何の日?>

日本や世界の、人権、平和、憲法に関わる記念日やできごとを広くとりあげています。
 

11月23日 勤労感謝の日

この日は、「新嘗(にいなめ)祭」に由来している。「新嘗」の「新」は新しい穀物、「嘗」は「饗」(あえ)の意味で、ごちそうを表す。その起源は「古事記」にも記されているが、奈良時代からは、天皇がその年の新穀を神殿に供え、食して感謝する日だった。「新嘗祭」は明治6年からは11月23日に定められ、現在でも宮中や伊勢神宮等ではこの祭りを行っている。1948年(昭和23年)、祝日法によって、「勤労を尊び、生産を祝い、国民がたがいに感謝しあう日」と改められた。

11月25日 女性に対する暴力撤廃の国際デー

国連総会はこの日を「女性に対する暴力撤廃の国際デー」に指定し、各国政府や国連機関、NGOが、この週間に対する一般の意識を高めるための活動を行うよう促した(1999年12月17日の決議)。女性運動活動家たちは1981年以来、11月25日を暴力反対の日としてきた。この日付は、1961年にドミニカ共和国の支配者ラファエル・トルヒジョの命令で政治活動家ミラバル3姉妹が暗殺されたことに由来している。

11月27日 日米防衛協力のための指針(「ガイドライン」)閣議了承(1978年)

日米安保条約は、1960年に改定されて以来、米軍に対する基地供与の目的を「極東の安全の維持」に限定するなど、こんにちまでそのままである。しかし、実質的な内容は、条約改定の手続きを省いて大きく変質している。1978年のガイドライン以降、日米安保体制は、アジア・太平洋地域の防衛を担当するに至った。その後1997年の「新ガイドライン」を経て現在ではさらに、アフリカ北部まで含む世界戦略を視野に入れたガイドラインが検討されている。


 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]