法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<今日は何の日?>

日本や世界の、人権、平和、憲法に関わる記念日やできごとを広くとりあげています。
 

12月23日 天皇誕生日

天皇の誕生日は宮中行事として内々に祝われていたが、1868年(明治元年)から国家として祝うようになった。第2次世界大戦以前は「天長節(てんちょうせつ)」といわれ、祝祭日の中の四大節だった。「天長」の語は、『老子』の中の「天は長く地は久し」に由来する。戦後天皇誕生日と名称が変わり、国民の祝日と定められ現在に至っている。



 

12月26日 ソ連邦崩壊(1991年)

1989年の東欧大変革ののち、ソ連でも連邦を構成する各共和国で分離・独立の気運が高まった。バルト3国が独立すると、ソ連を構成していた他の共和国もそれぞれ独立し、新たに12か国からなる独立国家共同体(CIS)が創設され、ソ連は自ら崩壊する形で解体した。国連常任理事国の地位や核兵器など主要なものは、それまでのソ連の面積の4分の3を占めていたロシアが継承した。

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]