法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<今日は何の日?>

日本や世界の、人権、平和、憲法に関わる記念日やできごとを広くとりあげています。
 

2月1日 2.1ゼネスト(1947年)

 戦後の民主化政策による団結権・団体交渉権・争議権を保障された労働者による労働運動は、激しいインフレと食糧難のなかで、激しさを増していった。1946年の末からは政府への批判が高まり、吉田茂内閣打倒をめざす政治闘争へと急速に発展していった。1947年2月1日には官公労働者を中心とする600万人が参加するゼネストが計画された。しかし、前日の31日、マッカーサーは、ゼネストは占領目的に反すること、国民生活を混乱させることなどを理由に中止命令を出し、これによってストは中止された。以後労働者の団体交渉権や争議権は次第に制限されていった。

 

2月4日 ヤルタ会談(1945年)

 第2次世界大戦の戦況の進展にともなって、連合国側の首脳は戦争の終結についてしばしば会談を開いた。1945年の2月4日からは、アメリカ、イギリス、ソ連の3首脳がクリミア半島のヤルタで会談し、ドイツ降伏後3か月以内にソ連が対日戦に参加すること、その条件としてソ連への南樺太の返還と千島列島の引渡しを決定した(ヤルタ協定)。

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]