法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<今日は何の日?>

日本や世界の、人権、平和、憲法に関わる記念日やできごとを広くとりあげています。
 

時の記念日(6月10日)

『日本書紀』によると、西暦671年、天智天皇は「漏刻(水時計)」を設置し、日本で初めて人々に時刻を知らせたという。その日は今の暦の6月10日に当たり、1920年、この日が「時の記念日」に選ばれた。
なお、天智天皇が「時刻」を導入したのは、官僚機構や軍隊を統一的に動かそうとしたからだと言われる。663年、日本軍は朝鮮半島での白村江(はくすきえ)の戦いで唐や新羅の軍にやぶれたため、唐・新羅に対する防備をかためる必要があったから、とのことである。

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]