法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<今日は何の日?>

日本や世界の、人権、平和、憲法に関わる記念日やできごとを広くとりあげています。
 

7月7日(七夕)

「笹の葉さらさら・・・」と歌われる七夕。
現在の七夕は、いくつかの伝説や行事が組み合わさって出来上がったようである。有名なのは織女星と牽牛星の星伝説。それは、「天帝の娘、織女と牛飼の牽牛夫婦があまりに仲がよく、仕事をしなくなったので天の川で隔てて別居させ、年に1度だけあうことを許した」とのこと。
1937年7月7日、こうした中国の伝説に基づいて定められた七夕の日に蘆溝橋事件が発生し、日中戦争が始まることになった。日本の中国などへの侵略の反省をふまえて制定された日本国憲法に思いを馳せたい日である。

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]