法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<今日は何の日?>

日本や世界の、人権、平和、憲法に関わる記念日やできごとを広くとりあげています。
 

7月18日(海の日)

1995年、7月20日が祝日「海の日」となった。この日は明治天皇が東北巡幸の帰途、灯台視察船明治丸で、青森から函館を経て横浜に到着した日に由来する。「明治天皇を中心に国民結束して世界に雄飛した明治の日本を偲ぶ日」という人もいるが、今日の日本国憲法の国民主権の考え方からしていかがなものか。「祝日法」の改正により、「海の日」は2003年から7月第3月曜日となり、今年は18日となる。

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]