法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<今日は何の日?>

日本や世界の、人権、平和、憲法に関わる記念日やできごとを広くとりあげています。
 

秋分の日(9月23日)

太陽が秋分点に達し昼夜等しくなる日。春の春分の日とともに、前後3日間を含む1週間を「彼岸」という。季節の変わり目で、よく「暑さ寒さも彼岸まで」といわれる。
国民の祝日に関する法律(祝日法)では「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」ことが趣旨とされていて、多くの人がこの頃祖先の墓参りをする。
1947年までは秋季皇霊祭と呼ばれていた。宮中ではこの日、神武天皇以来の皇室の祖霊を祭る皇霊殿で皇霊祭が行われ、天地・八百万の神々をまつる神殿では神殿祭が執り行われる。日本国憲法は国民主権を掲げているが、この日も戦前の天皇制の制度が反映されていると指摘される。

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]