法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<今日は何の日?>

日本や世界の、人権、平和、憲法に関わる記念日やできごとを広くとりあげています。
 

5・15事件(5月15日)

1932年5月15日、大日本帝国海軍急進派の青年将校が首相官邸に乱入、犬養毅首相を殺害した事件です。
当時明治期の藩閥政治に対する反発から憲政擁護の機運が高まっており、犬養毅首相はその旗頭といわれていました。
犬養首相は当時軍縮を主張しており、海軍の青年将校たちはそれが気に入らなかったようです。この事件により当時の日本の政党政治は終焉を迎え、日本の軍国主義に突入していったのです。
こうした歴史を経て、今日の日本国憲法で生まれたということを語り広げていきたいものです。

なお、2005年5月16日、このページに「国際親善デー(5月18日)」を掲載しました。

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]