法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<今日は何の日?>

日本や世界の、人権、平和、憲法に関わる記念日やできごとを広くとりあげています。
 

滝川事件(5月26日)

京都帝国大学法学部の滝川幸辰教授は、1932年10月に行った講演でトルストイの立場を肯定的に紹介しました。当初は別に問題にならなかったのですが、翌年になって内務省が滝川教授の著書『刑法講義』『刑法読本』を危険思想として批判し、発売禁止処分にしました。そして、文部大臣は京大総長に対して滝川教授を罷免するよう要求しました。これに対して京大法学部教授全員が辞表を提出して文相の要求を拒絶したのですが、5月26日、文部省は文官分限令により滝川教授の休職処分を強行しました。
学問の自由が国家権力に侵害された事件です。
あらためて憲法に定められた学問の自由の意味を考える日にしたいものです。


なお、2005年5月23日、このページに「日本海開戦の日(5月27日)」を掲載しました。

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]