法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<今日は何の日?>

日本や世界の、人権、平和、憲法に関わる記念日やできごとを広くとりあげています。
 

長崎原爆の日(8月9日)

この日午前11時2分、アメリカ軍は長崎に第2の原爆を投下しました。今日までに、15万人の方が亡くなりました。平和公園に造られた平和祈念像の天を指した右手は原爆の脅威を、水平に伸ばした左手は平和を表し、閉じたまぶたは原爆犠牲者の冥福を祈っているとされます。
1945年6月に採択された国連憲章は、戦争の違法化を謳いつつも例外としての「自衛戦争」という抜け穴を認めました。これに対して日本国憲法9条は、戦力の保持の禁止や交戦権の否認を規定し、戦争の違法化を徹底させました。背景には、原爆の悲惨な経験があることが、多くの人によって指摘されています。
長崎市は、毎年この日、「長崎平和宣言」を発表しています。昨年は、核保有国を含めた核廃絶に全く進展が見られないことに強い怒りを表明していました。アメリカが今春イランを核攻撃する計画があったことが明らかになりました(その後断念)。長崎の教訓は生かされるのでしょうか。
 
なお、2005年8月8日、このページに「『君が代』制定の日(8月8日)」を掲載しました。

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]