法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<今日は何の日?>

日本や世界の、人権、平和、憲法に関わる記念日やできごとを広くとりあげています。
 

松川事件発生(8月17日)

盛夏に、背筋が寒くなる話です。1949年のこの日未明、日本国有鉄道(JR各社の前身)東北本線金谷川―松川両駅間で、上り旅客列車が脱線転覆し、機関車乗務員3名が死亡しました。レールが1本、完全にはずされていました。国鉄労組と東芝松川労組の共同謀議による列車転覆罪として、両労組関係者20名が起訴され、1審は検察の主張をほぼそのまま認め、5人の死刑を含め全員を有罪としました。

この事件当時は労働組合活動が活発になり、革新政党の議会進出が注目を浴びていました。そして、公務員・国鉄職員や民間企業の大量の人員整理・合理化が発表され、これに抵抗する労働争議が各地で激しく闘われていました。占領軍や当時の吉田茂内閣は、徹底的に弾圧する姿勢を見せていました。松川事件はこのような騒然たる社会状況の中で起こり、事故発生直後本格的な捜査も開始されていない段階で、内閣官房長官は、「三鷹事件をはじめ、各種事件と思想的底流において同じである」という談話を発表しました。この事件が起きた1か月余の間に、「三鷹事件」「下山事件」など国鉄関連の不可解な事件が続発していました。これら3事件を含むいくつかの謎の事件の影響により、労働運動は大きな打撃を受け、各種業界における人員整理はスムーズに進行しました。

松川事件の審理の過程で、自白の強要や警察による物証の捏造が明らかになり、またアリバイが証明されて、最高裁(評決は7対5)からの差戻しによる高裁では全員無罪になりました。
だとすれば、真犯人は他にいるはずですが、謎のままです。真犯人の集団を見たという唯一の目撃証人は水死体で発見されました。
終戦後のしばらくの間は、他にも冤罪事件が続発しました。冤罪にも誤認逮捕によるものやフレームアップなどいろいろあります。松川事件でも事件関係者、警察や検察の責任は問われていません。裁判所の責任も大きいようです(詳しくは岩波新書「誤まった裁判」などをご覧ください)。人権保障や民主主義を掲げる憲法のもとで、本格的な真相解明の機運が盛り上がらないまま、60年近く経ってしまったことを正視すべきでしょう。歴史をどう動かすかというポイントでは、冤罪事件は起きがちです。

なお、2005年8月15日、このページに「終戦記念日(8月15日)」を掲載しました。

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]