法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<今日は何の日?>

日本や世界の、人権、平和、憲法に関わる記念日やできごとを広くとりあげています。
 

菊(重陽)の節句(9月9日)

秋です。秋の花といえば菊ですね。9月9日は菊の節句です。節句は中国から伝わり、七草の節句(1月7日)、桃の節句(3月3日)、端午の節句(5月5日)、七夕の節句(7月7日)とともに、五節句の一つです。平安時代には、酒に菊の花を浸して飲むと長生きするという「菊酒」もこの頃にはよく行われていたそうです。最近では菊の節句はなじみが薄くなりましたが、季節感を楽しむゆとりを持ちたいものです。
別名を重陽の節句ともいいます。中国では、奇数は縁起のよい陽の数とされ、一番大きな陽の数である九が重なる9月9日を、「重陽」として節句の一つとしてきました。この思想は日本の文化にも浸透していました。江戸時代には正午を「ここのつ」といい、頂点の数としていました。結婚式の三三九度も9を 最高の徳を表わす数字とする思想を受け継いでいます。
こうして見ると、「9」という数字はなかなかいいイメージを持っているのですね。法学館憲法研究所でも取り扱っている9条ブックマークを二つ並べて、菊酒などを楽しむのもよいでしょう。大陸から伝わった豊かな日本文化の伝統を現代の新しい平和思想につなげる「伝統の創造力」といえるかもしれません(辻井喬著「伝統の創造力」参照)。平和を意味する「9」を中国の人々に伝えることができれば、よりイメージを豊かにして「九」の思想の球を投げ返す21世紀の文化交流になるでしょう。菊酒や飲んで夢見る九(句)の交流。

なお、2005年9月5日、このページに「9月11日(アメリカ同時多発テロ事件の日)」を掲載しました。

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]