法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<今日は何の日?>

日本や世界の、人権、平和、憲法に関わる記念日やできごとを広くとりあげています。
 

国際連合デー(10月24日)

第2次世界大戦では、それまでの戦争をはるかに上回る死傷者を出しました。戦争被害の大きさは、各国に改めて平和維持の努力の必要性を認識させ、戦争の防止に大きな関心が払われるようになりました。1945年の10月24日、戦勝国である連合国が中心になって、サンフランシスコで国際連合が発足しました。最初の加盟国は51ケ国でした。現在は192ケ国が加盟しています。設立趣旨は、(1)国際的な共通の目的の達成、すなわち、平和と安全の維持(中心的な目的)と人権の保護、(2)そのための諸国の行動を調整することにあります。国連は、国際人権保障規定、経済社会理事会や司法裁判所の創設など、大きな役割を果たしてきました。
しかし、反面、5大国が拒否権を持つ安全保障理事会のみが各国に拘束力を持つ決議をする権限があり、加盟国の総てが参加する国連総会決議は勧告的効力に留まることなど、「主権平等」をうたう国連憲章の原則との関係が問題になっています。 また、冷戦が始まるとアメリカ寄りの傾向が強く、冷戦後はアメリカが安全保障理事会の決議なくして単独行動主義でイラク攻撃に走るなど、平和の維持を中心的な目的とする国連の安全保障体制の現実のあり方が問われています。

なお、2005年10月24日、このページに「文字・活字文化の日(10月27日)」を掲載しました。

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]