法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<イベント情報>

 このページでは全国各地の憲法イベント情報を紹介します。
 日時、会場地域、イベント名、主催者、イベントの詳細もしくは問合せ先、をその順で記載します。
 インターネット上で紹介されている情報をそのまま紹介しているものも多くありますので、詳細などのお尋ねは主催団体に連絡してください。
 (法学館憲法研究所事務局)
 

当面の情報(更新日2017年1月1日)


<東京>

東京弁護士会シンポジウム
「沖縄の今を考える」−辺野古埋立承認取消に関する行政訴訟の論点、高江ヘリパッド建設強行問題−

 今、沖縄では、米軍普天間飛行場の辺野古移設問題や、北部訓練場の一部返還の条件になっている高江ヘリパッド建設強行に見られるように、日本政府の掲げる政策が本土では見られないような強圧的な方法で実行されつつあります。
ところが、本土には沖縄の生(なま)の情報がなかなか伝わらないなどの事情もあって、本土の住民と沖縄の住民との間には問題に関する意識に差が生じかねない状況にあります。
 人権擁護委員会沖縄問題対策部会では、沖縄で起こっていることの事実を知ること、そしてどのような法的問題があるかを知るため、このシンポジウムを企画いたしました。

1.日時・場所
2017年1月11日(水)午後6時00分〜午後8時00分 
弁護士会館2階 講堂クレオBC(東京・千代田区)

2.パネリスト
・辺野古埋立承認取消に関する行政訴訟の論点
  岡田正則氏(早稲田大学大学院法務研究科教授)
・高江ヘリパッド建設強行問題
  伊志嶺公一氏(沖縄弁護士会会員)

4.対象
広く一般の方々のご参加をお待ちしております。

5.主催
東京弁護士会人権擁護委員会

6.参加費
無 料

お問合せ先

東京弁護士会人権課 TEL:03−3581−2205

滝 沢 香
takizawa@tokyolaw.gr.jp
〒160-0004 東京都新宿区四谷1-4 四谷駅前ビル
東京法律事務所
tel 03-3355-0611/fax 03-3357-5742

<東京>
女性と戦争法〜女たちの違憲訴訟

第2回シンポジウム テーマ「性暴力と戦争法」

チラシPDF

安倍政権は、南スーダンへのPKO派遣部隊に「駆け付け警護」の任務を新たに与え、安保法制の具体化に着手しました。海外での自衛隊の武力行使が始まります。
私たちは、2016年8月15日、106人の女性たちで「安保法制は違憲」と国を相手に裁判を起こしました。裁判を通じて、戦争法が私たちに及ぼしている権利侵害・損害を訴え、責任を追求して行きます。裁判準備の一つとして、戦争による被害の事実と今日まで続く差別の歴史を明らかにし、憲法に保障された平和主義や男女平等の意義を深めていくために、連続シンポジウムを始めました。
第2回目にもぜひご参加下さい。

コーディネーター 中野麻美さん(弁護士・訴訟代理人)

問題提起 「基地・軍隊と女性への暴力」
高里鈴代さん(沖縄:基地・軍隊を許さない行動する女たちの会代表)

「戦時性暴力と戦争法」
池田恵理子さん(アクティブミュージアム女たちの戦争と平和資料館wam館長)

「自衛隊と女性」
秀嶋ゆかりさん(弁護士、元自衛隊セクシュアル・ハラスメント裁判代理人)

日時:2017年1月17日(火)18:15開場 18:30開会〜21:00閉会

会場:文京区民センター(東京都文京区本郷4-15-14)

     2A会議室(地下鉄都営三田線・大江戸線 春日駅下車すぐ)

参加費:500円

主 催:安保法制違憲訴訟・女の会

連絡先:anpo4ikenjyo@gmail.com




○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]