法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<憲法関連書籍・論文>

 

冊子「伊藤塾2010年度スタディツアー文集」

E・T

 

 

日本軍による各国への侵略、および帝国主義による世界戦争、という歴史の強烈な反省を経て、人権・平和主義を標榜した日本国憲法が制定されました。
 このような意味からも、過去の戦争の歴史、日本による加害の事実を学ぶことで、日本国憲法の意義を再認識する機会となっている伊藤塾スタディツアーです。2010年度に実施した韓国、中国、沖縄へのツアーの内容と参加者の感想などを収載した冊子ができあがりました。

 スタディツアーでは、毎年、韓国、中国、沖縄を訪ねております。現地の法律家や法学徒の皆さんとの交流を行ったり、歴史教育のための記念館を訪れたりもしますが、一番重点を置いているのは、出来るだけ、戦争の直接の体験者を訪ね、お話を伺うことです。
 日本軍と戦争の歴史を自分の目で見た被害者・生存者が年々亡くなられています。今年を逃したら、来年はお話を伺うことは不可能かもしれない、と毎年、ご無事を祈りながら当日まで不安な気持ちで、証言者を訪ねています。

 伊藤塾では、ご高齢の生存者を訪ね、貴重なお話を伺うだけではなく、文字や写真できちんと内容を残し、ツアーに行かなかった人にも、また証言者が亡くなられてからも、共に学習が出来るようにと努めております。
 そして、ツアーで学んだ伊藤塾の塾生さん、伊藤塾出身実務家、ゲストの方なども、ツアーを通じて憲法・人権・平和についてご自分の考えを深められた過程を、感想文にして残しておられます。この感想文も非常に読み応えのある内容です。

 2010年度の韓国スタディツアーでは、伊藤塾としては初めて憲法裁判所も訪問し、文集にはその内容も収載しています。韓国における憲法裁判をめぐる状況もわかります。

 ぜひ一人でも多くの方に、この伊藤塾スタディツアー報告文集を手にし、憲法・人権・平和の価値について学んで頂きたいと思います。

 冊子「伊藤塾2010年度スタディツアー文集」(2011年6月3日に発行、B5版72ページ)は1,500円(税込)でお分けします。お問い合わせ・お申し込みは下記までお願いします。
 
  伊藤塾スタディツアー担当 03-3780-0593 elio@itojuku.co.jp




 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]