法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<憲法関連書籍・論文>

 

書籍『災害派遣と「軍隊」の狭間で −戦う自衛隊の人づくり』

H・O


 北朝鮮や中国の動きを警戒する必要があるとして、アメリカ・韓国との合同演習に自衛隊が参加しています。戦地イラクにまで派遣されるようになった自衛隊が、その戦闘準備を着々と進めているようです。この自衛隊をめぐる状況と問題点を様々な取材を通して浮き彫りにする書です。
 第1章「イラク派遣隊員の証言」は、どのような経緯で派遣されることになったのか、実際に派遣されてどうだったのか、など自衛隊員の生の声が紹介されています。第2章「経済的徴兵制がしのびよる」は、貧困な生活を余儀なくされている家庭の子どもたちが自衛隊に入隊していっている、そのリアルな状況を明らかにしています。第3章「『戦える』隊員づくり」は、実際に「敵」と戦える自衛官をつくるための思想・精神づくりなどを紹介しています。第4章「リクルート大作戦 −学校と自治体を組み込んで」は、自衛隊が学校・自治体との連携強化に邁進している様子を描いています。そして、第5章「真に何を『守る』のか」で、こうした自衛隊をめぐる状況とその変化が何を意味するのかを問うています。
 3.11での自衛隊の救助活動を多くの人が賞賛していること、自衛隊が若者の重要な就職先の一つとなりつつあること、などの状況の中で、自衛隊というものをあらためてどう考えるのか、この本を読みながら多くの人々との議論を広げなければならないと思いました。

【書籍情報】
2012年7月、かもがわ出版から刊行。著者はジャーナリスト・布施祐仁さん。定価は本体1,500円+税。



 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]