法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<憲法関連書籍・論文>

 

シンポジウム報告「アジアのなかの9条 − 歴史認識と米軍再編を踏まえて」

H・O


 2008年に開催された9条世界会議にはのべ2万人を超える人たちが参加しました。海外からの参加者は、41カ国・地域から150名以上にのぼりました。日本国憲法9条にいかに多くの内外の人々が関心を寄せているのかが証明されました。
 この報告は、9条世界会議の中の一つの企画として開催されたシンポジウムの内容で、シンポジウムでコーディネーターをつとめた権赫泰教授(韓国・聖公会大学)がとりまとめました。
 権教授は、日本国憲法9条を論じる際には3つのレベルがある、つまり、第一は規範として、第二は歴史認識の問題として、第三は安全保障の問題として、評価・分析されるべきと整理・問題提起し、シンポジウムのパネリストの発言を紹介しています。
 シンポジウムでは、日本国憲法9条の存在は規範として国際的な意義があり、各国の平和を求めるたたかいを励ますものとなっていることが語られました。一方で、日本の平和憲法が生まれた背景にある、日本のアジア侵略への反省が徹底されなければならないという発言もありました。さらに、日本がアメリカとの安保体制に深く組み込まれ、平和主義が形骸化していることは問われなければならない、という発言もありました。ドイツ、中国、台湾、アメリカ、フィリピンなどからのコーディネーター・パネリストのこうした発言は、改憲問題が現実的な政治課題になりつつあるいま、日本人への鋭い問題提起といえるでしょう。
 この報告は『9条世界会議の記録』(2008年、大月書店)に収録されています。

<法学館憲法研究所事務局から>
 当研究所は5月27日(月)に、権赫泰先生講演会「日本の改憲問題と日韓関係」を開催します。権赫泰先生が今般の日本での改憲の動きをどう分析されるか、注目されます。多くの方々にご参加いただきたく、ご案内します。

 権赫泰先生の論文としては下記もあります。
   論文「周辺国から問う、改憲と歴史認識」
   論文「『平和憲法体制』とアジア」




 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]