法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<憲法関連書籍・論文>

 

論文「世界史のなかの日本国憲法」

H・O


 この論文の書き出しは「憲法というものは、崇高な理念や理論によって創り出されたものだと思われがちですが‥‥」です。仰天する人が多いのではないでしょうか。特に日本国憲法を守ろうという考え方をする人の中には、日本国憲法は世界の英知の結晶であり、9条は世界の先を行くものだと思っている人が多くいます。決して間違いではないでしょうが、世界の歴史のなかで憲法というものがどのように生まれ、発展してきたかを知ることは、人によっては憲法というものについての認識を根本的に変えることになるでしょう。
 筆者の憲法学者・浦部法穂氏(法学館憲法研究所顧問)は、「(憲法というものは、……)歴史を遡ってみるといろいろな人々の利害の対立の中から生まれてきたものだ、ということがわかります」と述べ、時の支配者による苛酷な税の取り立てなどに反対する人たちのたたかいから近代憲法が生まれたことを明らかにします。浦部氏は「(それは)すべてお金がらみの話です」と指摘します。そして、近代憲法を確立したのは、いわゆるブルジョアジーであること、ブルジョアジーは人権保障、国民主権、権力分立などを唱え、自らの要求を正当化し、こうして確立することになった憲法原理はやがてブルジョアジーの権力に対抗する道具にもなっていくことを明らかにします。そして、こうした経緯をふまえ、「ただ抽象的に、日本国憲法はいい憲法だから守らせるというのではなく、人びとの切実な要求を実現する道具として憲法を利用するという観点を意識的に持つ必要がある」と説きます。
 どうでしょう。憲法というものの成り立ち、性質、憲法というものへの国民の向き合い方についての冷静かつ説得的な主張は、憲法というものを自分なりに深く考えてみようとする人を惹きつけてやまないのではないでしょうか。
 浦部氏は、この論文で日本国民の憲法あるいは国家というものへの向き合い方の特徴なども明らかにしながら、人びとの国家や権力というものの捉え方について問題提起しています。
 浦部氏の著書『世界史の中の憲法』のポイントを簡潔・明解に綴った論文です。

【論文情報】
歴史教育者協議会が発行する雑誌『歴史地理教育』2009年5月号に収載。執筆者は浦部法穂・法学館憲法研究所顧問。

<法学館憲法研究所事務局から>
 当研究所は10月から「2013年憲法フォーラム ― 主権者として社会への向き合い方を問う!!(全3回)」を開催します。その第1回(10月21日(月))では当研究所の伊藤真所長と上記の浦部法穂顧問が参加者の質問や問題提起に回答・コメントし、参加者とともに憲法についての認識を深めます。多くの方々にご参加いただきたく、ご案内します。



 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]