法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<憲法関連書籍・論文>

 

書籍『八法亭みややっこの憲法噺』

H・T


 自民党の改憲草案に大きな危機感を抱いた飯田美弥子弁護士(今週の一言「『歴女』の自民党改憲草案批判」執筆)が、高校時代の落研出身の経験を生かして、高座から落語で憲法を語り始めました。憲法の話はとかく難しく思われがちですが、笑が絶えず新鮮だと評判を呼び、学習会の依頼が殺到しました。しかし、多忙な弁護士業務の要請に応え切れないので、ブックレットにして出版したとのことです。

 ユーモアが溢れるテンポ良い語り口は高座の落語に接している臨場感があります。現行憲法と改憲草案を対比しつつ、平和主義の放棄、「公益及び公の秩序」による人権制限、民主政への国家の介入、国家緊急権など重要なポイントがズバズバ批判され痛快です。

 改憲案は愛国心や伝統の尊重を強調していますが、著者はその内容について古典文学や歴史の豊富な知識で反論しています。

 高尾山天狗裁判、再審布川事件、日の丸君が代強制反対裁判など担当した裁判が随所に具体例として紹介されていることも親しみやすい理由でしょう。女性の視点も濃厚です。改憲に関心を持っていただきたい周囲の方々にも薦めていただきたい書籍です。

【書籍情報】
2014年5月、花伝社から刊行。著者:飯田美弥子弁護士。定価:本体800円+税。


 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]