法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<憲法関連書籍・論文>

 

書籍『石ノ森章太郎のまんが日本国憲法』

H・T



 自身を「萬画家」と称し、『サイボーグ009』、仮面ライダーシリーズ、「マンガ日本経済入門」など幅広い分野で作品を量産し「漫画の王様」と呼ばれた石ノ森章太郎さんがまんが監修した、まんがで読む日本国憲法です。浦田賢治さん(早稲田大学名誉教授)が監修、執筆し、志田陽子さん(武蔵野美術大学造形学部教授)も執筆しています。本書は中高生以上のすべての世代に薦められます。ご家族で一緒に読むのもいいでしょう。

 中心は、鈴木家という3世代家族の人々が憲法の条文ごとに、女子学生の就職活動や消費税など私たちの日常生活と関わりのある様々な場面について、まんがで語り合っている部分です。それゆえ、普段着で憲法の世界に入って行けます。各ページの下段では、その条文の基本的な知識や問題点が簡潔に解説されていますので、憲法がいかに日常生活と深く関わっているかが整理されて理解できます。憲法の考え方を具体化する、代表的な、あるいは新しい判例や法律も紹介されています。

 次の「日本国憲法Q&A」の部分では、憲法の基本的な概念や問題点を掘り下げて解説しています。すなわち、「国民主権」「憲法の平和主義(安保条約、自衛隊、集団的自衛権、沖縄の軍事基地問題、国際貢献など)」、「『個人の尊重』と『自由と平等』について」「『表現の自由』について今問題になっていること(違法ダウンロード、ヘイトスピーチ、知る権利など)」「三権分立」「憲法改正と憲法制定の違い」「裁判員制度」「違憲審査制」等です。
 まんがの部分を含めて、TPP、「国家安全保障戦略」、代理出産など現在進行形の諸問題に積極的に言及していることも改訂版である本書の特徴です。ジェンダー問題に象徴天皇制が象徴としての影響力を及ぼしていることなど、深く考えさせられる問題提起も少なくありません。

 最後はまんがに戻り、「日本国憲法ができるまで」が手際良く描かれています。

 「一票の価値の平等」「国際社会化と外国人の人権」「憲法と知的財産」「核の時代の環境権と平和的生存権」など、現代を生きる私たちにとって不可欠な課題を採り上げているコラムも見逃せず、目配りの良い本です。

【書籍情報】
まんが監修:石ノ森章太郎 監修:浦田賢治 解説:志田陽子 講談社より2014年8月刊行。定価:本体1300円+税。

<法学館憲法研究所事務局から>
*本書を執筆した志田陽子さん(武蔵野美術大学造形学部教授)は当サイトで以前「憲法を知ることは、リアルと普遍の間を何度でも行き来すること――『映画で学ぶ憲法』」と語っていただきました。こちら
*本書には憲法に関わる様々なキーワードが登場します。当サイトに搭載している憲法文献データベースでは憲法文献をキーワードごと、あるいは著者ごとに検索できますのでご案内します。こちら


 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]