法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<憲法関連書籍・論文>

 

書籍『私が見た 憲法・国家はこうやって作られた』

H・O

 

 戦後、日本の占領政策を進めるGHQは日本政府との窓口として終戦連絡中央事務局(終連)を設置しました。この終連事務官を務め、当時の日本国憲法制定の議論において、GHQと日本政府との間の橋渡し役を担当した島静一さんの証言録です。当時の様子をリアルに伝えてくれています。島さんは憲法制定後、憲法の理念にもとづく新しい国会作りにおいても衆議院渉外課長などのポストで重要な役割を担いました。このことについても具体的なエピソードを交えながら明らかにしています。興味深い内容です。
 島さんは本書で、自らの経験もふまえながら、こんにちの憲法9条「改正」論への違和感を表明しています。
貴重な証言録の一つです。

【書籍情報】
2006年11月、岩波書店から岩波ブックレットとして刊行。著者は島静一さん(元駐イラク大使。終戦連絡中央事務局事務官、衆議院渉外課長など歴任)。定価は480円+税。

<法学館憲法研究所事務局から>
 当研究所も協力して製作されたドキュメンタリー映画「戦争をしない国 日本」は、日本国憲法をめぐる歴史を興味深い映像で辿るものとなっています。その続編「STOP 戦争への道」とセット販売(13,000円)もしています(PDF)の、ご案内します。



 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]