法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<憲法関連書籍・論文>

 

『だけじゃない憲法― おはようからおやすみまで暮らしを見つめる最高法規』

種田和敏さん(弁護士)


9条だけじゃない憲法の魅力

 2012年4月、自民党が「日本国憲法改正草案」を発表しました。それからというもの、自民党の改憲草案が9条を改正し自衛隊を「国防軍」に改編すると記載していたことから、国防、自衛隊をめぐる議論を中心に「憲法」を取り巻く議論が熱気を帯びてきています。そして、現在、安倍政権の下、2014年7月に9条を「解釈」して集団的自衛権の行使を容認した閣議決定を踏まえ、今国会において自衛隊法などの改正を行い、日本は、アメリカと共に世界中で戦争ができる国に変貌を遂げようとしています。

 このように、「憲法」の話題の中心には、いつも「9条」があります。9条の価値は、第二次世界大戦の甚大な犠牲のもとにあり、人類普遍のものです。その意味で、人物でもないのに「9条にノーベル賞を」という動きが国内外であることもうなずけます。今年は、戦後70年の節目の年です。私たちは、先の大戦に思いをはせ、二度と戦争をしてはいけないという誓いを新たにしなければなりません。この70年間、日本が戦争で他国の人を殺さず、日本人が戦死しなかったのは、ひとえに9条があったからにほかなりません。戦争は、生活の根本を破壊し、全ての人権を否定する最大悪です。その最大悪を否定する9条は、まさに憲法の顔であり、私たち日本国民の宝なのです。

 他方、憲法には、9条を含め103条の条文があります。しかし、9条については、ある程度知っている人でも、それ以外の条文がどのようなことを規定し、私たちの生活にどのように関わっているのかを知る人はあまり多くはないかもしれません。
 9条はたしかに私たちの生活の基礎である平和を支え、とても大切です。ただ、目を転じてみると、平和の下で生活する私たちは、その他のたくさんの権利が憲法により守られながら、つつがない日々の生活を送っています。その点で、9条だけじゃない憲法の価値を再認識し、憲法改正が叫ばれる今だからこそ、改めて9条だけじゃない憲法の役割に思いをはせることが必要だと思います。

 「だけじゃない憲法」という本は、憲法改正が叫ばれる今だからこそ、あえて9条から離れて、9条だけじゃない憲法の価値を探る、そのような思いで書いた本です。憲法は、まさに「おはようからおやすみまで」私たちの生活と共にあることを、わかりやすいイラストと共に、少しでも実感していただければ幸いです。

【書籍情報】
2015年5月、猿江商會から刊行。著者は種田和敏氏(明日の自由を守る若手弁護士の会・弁護士)。定価は本体1200円+税)。


 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]