法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<憲法関連書籍・論文>

 

書籍『検証・安保法制 −どこが憲法違反か』

H・O

 今国会で審議されている安保関連法案を検証する書です。法案は多くの法律を一括で「改正」するものと一本の新法の案となっており、その内容は多岐に亘っていますが、本書は、@「日本の平和と安全」に関する法制とA「国際秩序維持」に関する法制に区分けし、@を青井未帆・学習院大教授が、Aを柳澤協二・元内閣官房副長官補が検証しています。
 青井教授の論文は、日本は憲法上武力行使ができないのであり、その例外については厳格に定められねばならないという基本原則を強調しつつ、法案の規定の不明確さなどを指摘しています。
 柳澤氏の論文は、法案の基本的な狙いが対米協力にあることとその危うさを説き、その問題点を明らかにしています。政府の要職を歴任してきた経験をふまえた分析・批判は説得的です。
 本書には、法案の主要部分を現行法と対比する資料が収録されており、丁寧に問題点を整理しようという読者に便宜が図られています。編者である長谷部恭男・早大教授(憲法学)と大森政輔・元内閣法制局長官の対談では安保法制に関わる内閣法制局で検討の経過のポイントなどが示されています。

【書籍情報】
2015年8月、有斐閣から刊行。編者は長谷部恭男・早大教授。定価 は1,404円(本体 1,300円)。

<法学館憲法研究所事務局から>
当サイトではこれまでも安全保障や自衛隊に関わる様々な書籍等を紹介してきました。下記ページでご確認ください。
 「安全保障」を考える書籍や映画
 「自衛隊とその改編」を考える書籍や映画


 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]