法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<憲法関連書籍・論文>

 

書籍『SEALDs 民主主義ってこれだ!』

H・O

 2015年夏、政府の安保関連法案に反対する国民の運動の高揚は歴史に残るものとなりました。それは1960年の安保闘争以来とも言われます。このたたかいで注目されたのが大学生たちによるSEALDs=Students Emergency Action for Liberal Democracy-s、自由と民主主義のための学生緊急行動、でした。この学生たちが何を考え、どう行動したのかを語った本です。この学生たちの正義感と感性が伝わってきます。また、平和や民主主義のための、これまでの大衆的な運動にはなかった斬新な行動方式(ビラではなくフライヤー、シュプレヒコールではなくコール、SNSの駆使、等々)にも多くのことを触発されます。成立した安保関連法については、その制定直後からそれは違憲であるとして、その廃止を求めるたたかいが始まっています。SEALDsの引き続く奮闘と諸階層のたたかいとの連携の発展が期待されます。
 この間のSEALDsの活動は、日本国憲法の積極的理念を守り、平和と民主主義を求める、これまでの民主団体や労働組合などのたたかいの蓄積の上に立っている、という側面も見逃せないでしょう。日本社会におけるこれまでのたたかいの意義と成果をあらためて確認しつつ、SEALDsの学生たちの問題提起も考えていくことも大切だと思われます。

【書籍情報】

2015年10月、大月書店から刊行。SEALDs(自由と民主主義のための学生緊急行動)編著。1,500円+税。

<法学館憲法研究所事務局から>
当ページではこれまでも安保関連法制や民主主義に関わる文献を紹介してきました。下記ページなどでご確認ください。
 「安全保障」を考える書籍や映画
 「国民主権・民主主義」を考える書籍や映画



 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]